2011年12月04日

ジャパンカップ・ダート

◎エスポワールシチー
前走で完全に復調の気配を見せた
内枠やライバルが外枠だと言う事もあり馬なりで勝負所まで待てる
キレは逃げ・先行ながら南部杯でも見せたように一瞬で突き放せる
相手の持ち味はバテてもバテないしぶとさだが、しぶとさを発揮し距離を詰めてくる前にレースは終わりそう。持ったままでどこま回って来る事が出来るかだと思う。
3コーナーでトランセンドが並べてないようならワンサイドゲームの可能性は高いと思う。出遅れの心配も殆ど無い。仮に出遅れても最後の脚は十分上位レベルだと思う。問題なく軸。

○トランセンド
非常に不利な外枠を引いてしまった。速めに動いて相手を潰すしかないと思うがスタート後動くとコース的にもロスが大きそうな点がマイナス。それでも勝ち方は先頭に立つ位の気持ちで出て能力差で凌ぎ切る事が出来るかになると思う。素直に出たまま勝負では逆に直線突き放されかねない。スピードの違いで楽に2.3番手に付けられるなら面白いレースになりそう。トウショウフリークがすぐ内にいるのは良い傾向だろう

▲ワンダーアキュート
何もせず回ってくるだけになりそう。ただこの面子で上がって来るのは地力がないと無理なので自然と浮上する。下手に勝ちに動くと惨敗まであるがどう乗るか楽しみな所。

△ダノンカモン
理由は上と同じ理由。浮上出来るのは地力上位でなければ無理。何だかんだダート戦は消耗戦になる。

×トウショウフリーク
どう考えても相手が悪い。どう転んでも2強に好きな様に利用される。
実力からして掲示板には入りそう。3番手評価でもなんら可笑しくない。

ヤマニンキングリー
前走はマグレだと思っているが、もし実力なら▲△と同等かもしれない
かもしれないだけで当たり前の様に切ればいい。いらない。



スマートファルコン
出ないの?
posted by 一火 at 10:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

ジャパンカップ

◎ブエナビスタ
今さら何をコメントしたら言いのだろうか
押す理由は安定しているからとしか言いようが無い

○デインドリーム
凱旋門賞馬に敬意を込めて
これで駄目ならもう来ない気がする

▲トーセンジョーダン
天皇賞は強い予想を大幅に超えた強さだった
トゥザグローリーより評価を落とす事は出来ないし
成績を振り返ると4歳有力どころとは差が無い(むしろ強い?)訳で強いと言いながら過小評価していたのだろう
ただ普通の流れになった場合ブエナビスタに勝てるイメージが湧かない

△ウインバリアシオン
この馬の結果で3歳馬の世代レベルを評価される
ある意味責任重大の役回りと言える
この馬に合わせてオルフェーヴルを想像して見るのも楽しいと思う
とは言え三冠馬との差は余りにも大き過ぎるので参考程度にしかならないだろう
やはりお楽しみは有馬記念で

×エイシンフラッシュ
天皇賞では相変わらずの強さを見せたがブエナビスタより上に評価する事はもう出来ない
どんな展開や位置取りでも誰かに負けてしまう気がする
やはり安定して掲示板なのだろう

注ヴィクトワールピサ
海外帰りは信用出来ないし距離が長いと思われる
去年と同様にローズキングダムとどっこいどっこいの気がする
…どっこいどっこいとは方言なのだろうか?

ローズキングダム
適性から上位に来てもおかしくない。と言うよりも驚かない

トゥザグローリー
実力からして上位に来ても何らおかしくない
人気が低いなら紐にすればいいと思う

ペルーサ
この馬を評価するのはトーセンジョーダンに失礼な気がした

ジャガーメイル
ここでは押せる材料が見つからない

オウケンブルースリ
復調気配なのは確かだが、一昨年の出来では無いのも確か

トレイルブレーザー
上記2頭とどれが上に来るのだろうか

サラリンクス
誰?

ミッションアプルーブド
誰?

シャレータ
同上


今回のJCの見所は二つ
・ウインバリアシオンがどこまで通用するか
・デインドリームが凱旋門賞馬として勝てるかどうか

今年は楽しみなGTが多くて嬉しい
posted by 一火 at 11:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

天皇賞・秋

◎アーネストリー
ただでさえ厳しいと思われた東京競馬場に加え大外枠を引いた
シルポートの一番枠からの逃げは無関係になってしまった気がする
格好の目標だった存在が自身の置かれた立場により自分が格好の標的になった
それでも2番手以降が速くなりそうに無いのでシルポートが粘れば粘るだけこの馬にいい傾向になりそうなのが救い。目標がある事くらい
内枠の差し馬は本馬と同じ位置にいればいいのだろう
勝つには消極的観測だがブエナビスタが本調子にない事だと思う
他に望みがあるとしたら良い意味で能力の予想を裏切ってくれる事

○エイシンフラッシュ
内枠スタート問題無し。内が荒れても苦にせず瞬発力がある
マイナス要因は休み明け。後は実力が他馬と比べどこまであるか

▲ブエナビスタ
調子がどこまで戻っているか次第。配当のうまみを考え消してしまうのもありだと思う。他の条件はエイシンフラッシュと変わらない

△ローズキングダム
毎回安定して力を発揮する

×ダークシャドウ
エイシンフラッシュとの対比から一線級だと推測出来る
シルポートの逃げがあるにしろ速い流れになるとも思えない
末脚は前走で信頼に足りるものと証明したように思える
最後の1ハロン他馬の脚が鈍るようなら勝ちまで有ると思う

注ペルーサ
ダークシャドウとの力関係が楽しみ。位置取りの融通がききそうな反面出していくと最後は鈍る。昨年の様に直線だけで勝負しても良い様に思える

トーセンジョーダン
強いのはわかる。が、どの程度の強さか今日はっきりする。やや外枠ではあるが実力が反映されるには絶好の条件

ミッキードリーム
やや劣るか。トーセンジョーダン相手にどこまでやれるか。それなりの瞬発力と優れた持続力。一線級がいない重賞では堅実な軸になるだけの実力がある。

トゥザグローリー
陣営曰く距離がやや短いらしい。大外枠と言うのを考慮しても人気が低過ぎる。結果的にどの位置に食い込んできても不思議ではないのでこの馬を軸にするのも一考。ただここで惨敗してしまうとフォゲッタブルの後追いをしてしまうかもしれない。ある意味正念場

ダノンヨーヨー
宝塚記念で中距離でもある程度の実力を証明している。弱くは無い。が、このメンバー相手ではさすがに厳しい。

シルポート
蛯名騎手にこの馬は合うと思う。一度エプソムCで乗っておりこの馬のイメージは持っていそう。単騎逃げで残り200位まで粘る可能性もある。プレッシャーも無く自身の持つ速いマイペース。実力を如何無く発揮でき掲示板もある。が、それでもこの相手に勝つのは無理

ビッグウィーク
全てが向かない。とは言い過ぎではないと思う

アクシオン
歳には勝てない。実力も足りない。
サンデーサイレンス産駒最後の重賞勝ちになれる可能性が残されている馬

ジャガーメイル
実力的に無理

シャドウゲイト
中距離は向くも東京は疑問。本来なら穴馬。ここでは考慮する必要なし

シンゲン
外枠。浮上出来る要素がない

ナリタクリスタル
同上。

メイショウベルーガ
わざわざ牡馬一線級にぶつけて来た。決して好材料があるとは言えない中でどれだけ着順を上げられるか。エリザベス女王杯に向けては上昇材料しかないレース

今回弱い馬は一頭もいない。全て見返し分析する価値のあるメンバーばかりなのでとても楽しみ
posted by 一火 at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

2歳未勝利

函館1R
◎パチャママ
○プラッキーエリーナ
▲ナイスゴールド

パチャママは全走交わされた後も最後まで走った事に好感が持てる。
プラッキーエリーナとナイスゴールドなら問題無くナイスゴールドを押すが
今回は200延長と前走のナイスゴールドは交わされた後諦めてしまった事をマイナスにした

京都1R

◎カシノラピス
○シルクティソナ
▲エーシンブランシュ
△シゲルスダチ
△フランベルジェ
×マイネルアクロス

フランベルジュが人気を吸えば面白い。上位三頭が強い。
200伸びてペースが落ちれば先行勢が残りそう。
フランベルジェは走り方がしっかりしている裏を返せば走れてるにも関わらず能力が低い。
前走は早々に諦めたが、追っていてもシゲルスダチと互角。
マイネルアクロスはマイネルだけあって走れているが水準が低い

posted by 一火 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

宝塚記念 回顧

まずレースのラップタイムが美しい
12.3-10.5-10.8-12.7-12.4-12.1-12.1-12.0-11.5-11.7-12.0
理想的で完璧。隙が無い。見事としか言いようが無い。

アーネストリーにとって完璧に展開がはまった
これでもかと言うくらい勝つ為の条件がレース中ことごとく揃った
去年と違ったのは

・ブエナビスタがマークしてこなかったこと
・ナムラクレセントがペースを落とさなかったこと
・ナムラクレセントが抵抗することなく潰れたこと
・有力馬に対して十分なリードで直線に向けたこと
・ブエナビスタが四角で外を回ったこと


まず一つ目はブエナビスタと有力四歳勢の力関係が不透明であり昨年の様な出し抜けは繰り返せなかったのかもしれない。また前走でアーネストリーがルーラーシップに敗れてたのもあるしブエナビスタも前走で去年程ではないと思われたからだと思う。岩田騎手が前半無駄脚を使わせるとは思えないし、入りがとても早く先行しようにも難しかったとも言える。

二つ目は佐藤騎手が落とさせなかったと言った方が正しいのかもしれない。突っつかれっぱなしで三つ目の余力が無くなったことに繋がる訳だが、突っつかれたとは言えそれに付き合ってくれた和田騎手。その辺りの心理が分からない。きついからと言って引いてしまったら再び巻き返すことが困難と感じたのか(当然困難だが)ハイペースで全馬潰れればまだ可能性があると思ったのか。どちらにしろナムラクレセントの適性ではない事は把握しているだろう。こんな状況ではGTらしい流れを壊さないと言う事に重きが置かれるのかもしれない

三つ目はアーネストリーにとって助かったと言える。同じ先頭に立つにしても競り落とすのと競らないのではその後来る差し馬たちに抵抗する際かなり違いが出る。もっとも今年は自らその展開を作ったとも言える

四つ目は上二つと同意

五つ目は差し馬である以上仕方ないと言える。もし通った位置がエイシンフラッシュと逆なら勝ちまであったと思う。しかしマークされる馬があれだけ完璧な騎乗をするのは難しい。


秋以降に関してアーネストリーはマークされる。されないにしても意識されるのは確実だ。
ほかって置くと今日の二の舞になりかねない。他の騎手がどうするのか楽しみだ。
アーネストリー自体は今日の様なラップを自ら刻めるかが課題。札幌記念で逃げを試すと思われる若しくは三角先頭。そしてそれが成功しようがしまいが秋の天皇賞は内枠に入らないと苦戦は必死。アーネストリーにとって幸いなのは宿敵ブエナビスタに衰えの兆しが見えていること。現四歳勢に対しては今回でかなり自身を持てた様に思える。


ブエナビスタ
衰えの兆しも2着を確保。末脚は4歳世代では太刀打ちが出来ない。引き続き現役最強。

エイシンフラッシュ
完璧な騎乗も最後止まる。安藤騎手のコメント通りだと思う。スローのよーいドンなら
逆にアーネストリー陣営からしたら今回が完璧な騎乗だっただけにライバルが減ったと言える。それでも東京では脅威。

ローズキングダム
エイシンフラッシュとの力関係は変わってない。こちらも非の打ち所の無い騎乗。
ただ先行しただけと言えばそれまでだが能力はフルに発揮している。今回の展開でアーネストリーを交わせなかったのは厳しい。秋は東京なので巻き返せる余地もあるが厳しい。抑えたとして他馬と違う脚がある訳では無いから。どちらかというと今回の様な競馬のが良績を残せると思う

ルーラーシップ
スタート直後後方待機→外外を回ったのが全て。4角で良い位置まで押し上げるも止まった。
フットワークが大きいので内からポジションを上げるのは難しく安全に外から進出させたのか。結果的に外から突き抜ける実力は無かった。このペースを外から捲くって行くのは相当に厳しかったと思う。ただこの乗り方で5着に踏ん張ったのも実力がある証明で有力馬が来ない限りどんな展開でも安心して軸に出来る。ローズキングダムとの間に壁がある様に見える。

トゥザグローリー
2戦連続で大敗はいくら実力があっても立て直すのは厳しいと思う。このまま気持ちが切れて埋もれていってしまうのはもったいない。秋に復活を期待したい。


4歳有力馬に言える事だがブエナビスタと同じ位置では話にならない。エイシンフラッシュは瞬発力で勝てるかもしれないが秋はどうやってブエナビスタを倒すのか、またその位置取り/作戦をどうするのか厩舎/騎手含めて楽しみである

最後に佐藤騎手のインタビューについての感想
私自身はダービーに殿下が来日する事を喜んでたしデットーリがその為に来ることも嬉しかった。ダーレーが日本競馬に好影響を与えてくれると期待してるし今も気持ちは変わっていない。その一方で涙を飲む人が出る。しかし重要なレースでより信頼出来る騎手に依頼するのは当然のことでプロである以上問題は無い。勿論、調教から育て穴ではあっても決して有力馬ではないデボネアを弥生賞・皐月賞で結果をだしその結果ダーレーの日本ダービー初出走と言うイベントの為降ろされた。この事自体は巡り合わせが悪かったとしか言いようが無い。どんな騎手でも乗り代わりになっただろうし、世界一と言われるお抱え騎手を連れてくるパフォーマンスだったから。
佐藤騎手がそれに怒るのも当然で問題は実際に口にするのかと言うことである。
佐藤騎手自身はそれを言う事でプレッシャーになると言っている様に当然自分で理解している。また口にした以上結果を残せなければ叩かれるのも理解している。
何故口にしたのかと言えばダービーだから以外に無い。ダービーだから乗り代わりにもなったしダービーの出来事だから敢えて口にした。私なんかは毎年来る格式が高いGTの一つに過ぎない。が、競馬関係者にとっては思い入れが全く違うのだろう。
個人的には絶対に言えないが好感が持てる発言だった。やれるものならやって見せてくれ。と思えたし、チャンスをくれれば結果を残すし自信があると言ってるみたいだった。これからは平場でも注目されるだろう主に好奇の目で。それを克服できるか楽しみだ。
何にしろダービーは特別な存在と言う事が分かったインタビューだった。

posted by 一火 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

新馬2

中山

エクセルシオール3.5+
ビウイッチアス2
レオアクティブ1.5


マイネルロブスト2.5
パスオブトゥルー2
オペラダンシング1.5
マイネエミリー0.5-
メイヴィーナス-0.5
ミステリアスパワー-0.5
カレイメモワール-0.5
フロムクローバーズ-1


阪神

ローレルボルケーノD2
ストリートハンターD1.5

ニンジャ3
ピエナアプローズ0.5
エーシンエムディー-1

函館

ナイスヘイロー2.5
マイネルアダマス1
アイムユアーズ0.5

シェアースマイルD2
posted by 一火 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

宝塚記念

恐らくアーネストリーに本命を打つのは最後だろう
展開は今までと比べてかなり恵まれるはずだ
メンバーは明らかに過去最高の相手
しかしアーネストリーにとってはマークされ難くなる
勝つ為には有力馬を無視することは難しい牽制せざるを得ない
福永騎手あたりは相手関係なく先行してきそうではあるが
アーネストリーを意識してと言う事はありえない
実力をそのまま出せる舞台
負けたとしても着順通りの実力だろう
一枠二番後入れの最内。ナムラクレセントが内側
これ以上望むことは無い条件だ
どんな結果になっても納得出来るし受け入れられる

後は当日正座して見守るだけだ
posted by 一火 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新馬戦

函館
コスモメガトロン3.5
ダームドゥラック2.5
プラッキーエリーナ1
パチャママ 0
ナイスゴールド-0.5

阪神
ダローネガ 4.5 105 過剰評価危険
エピセアローム 4 過剰評価危険
コスモルーシー3 108
カシノラピス1.5
スペリオビーン 0.5
エーシンブランシュ0.5
シルクティソナ0
トップキックス 0
シゲルスダチ-0.5

中山

クイーンアルタミラ 3.5 100
ミヤコマンハッタン 3
スマイルゲート 2.5 102
ピタゴラスコンマ 2.5
パワーヒッター 2
エキゾチックバニラ 1.5
キープビリービング 1
マイネルモーヴ 1
ロードラディアント 0.5
デカントラップ -1

1で未勝利勝ち負け
posted by 一火 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

3歳牡馬2011

対象
@重賞3着まで+1.2人気
AOP競争連体馬+1.2人気
B500万特別レース連体馬+1人気
C@〜Bの出走500万


シンザン記念

1 レッドデイヴィス +1 
好スタートから道中楽な展開。セン馬なので物差しにしかならない
2 オルフェーヴル 
力んだ走り2000ならマイナスだがマイルなら問題無い。実力は出し切った。
3 マルセリーナ  
かかり気味の追走。レースのペースが遅い可能性あり。厳しいレースのが向く

人気
ドナウブルー   
実力通り+過剰評価。展開がよくてもマルセリーナに並べるかどうか。
アドマイヤサガス 
実力通り。こんなもの



京成杯

1 フェイトフルウォー +1 
強い。他メンバーが弱過ぎるのか?
2 デボネア     
強い。もっと速い流れで見てみたい
3 プレイ      
もっと早い段階で飲み込まれても不思議じゃなかった

人気
スマートロビン   
問題外。距離は長いが短い距離のペースでは脚が無くなる。ここまで



きさらぎ賞

1 トーセンラー   
スムーズとは言えバテてない
2 リキサンマックス 
着順通り。実力を否定する理由は一つも無い
3 オルフェーヴル  
ちぐはぐなレース。止めて抑えてGo!。勝ち馬と互角

人気
ウインバリアシオン 
実力通り



共同通信杯

1 ナカヤマナイト   
全くロスの無いレース運び。一枚上手
2 ユニバーサルバンク 
好スタートから抑えて2番手。ペースが遅い。それで差される
3 ディープサウンド  
同上

人気
ダノンバラード   
外を回る不利も消耗しない楽な展開。実力通り
ベルシャザール   
非力



アーリントンカップ

1 ノーザンリバー   
想像以上に強い。終始外を回って楽な手応え。
2 キョウエイバサラ  
この馬も強い。
3 テイエムオオタカ  
飲み込まれなかった。古馬になってから楽しみ。

人気
ノーブルジュエリー 
スタート悪いが実力は出せている。
スマートロビン   
出遅れも最内経済コース。直線出し所が無かったが止まってないものの最後差される



弥生賞

1サダムパテック
最初に不利はあるが無駄の無い騎乗。皐月賞に繋がるかは疑問。
2プレイ
最後の差し返しは見所あるが、この先水準の高い道中になった時あっさり沈む可能性がある
3デボネア
完璧な騎乗に尽きる。能力的にプレイ以下なのは否めない

人気
ターゲットマシン
特に無い
オールアズワン
こんなもの
posted by 一火 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

シルクネクサス

去年は良くも悪くも注目され続けたディープインパクト産駒が2歳を席巻した

一方、グラスワンダー産駒は非常に心配された世代だったがなんとGT馬を輩出する事が出来た
そして今年の2歳を乗り切れば繁殖的には一安心出来そうな面子が揃っている
社台FからブリーダーズSに移動した後少しずつだが再び繁殖が回ってきている事は本当に幸運である
ツィンクルワンダーが未デビューのまま引退した時は重賞制覇すら危ぶんでいたがフェリシアが期待と言う首の皮を一枚つなぎ、翌年サクラメガワンダーが種牡馬としての存続を決定付けてくれた。失敗種牡馬と言う烙印をギリギリで切り抜けてきた。そしてマイネルスケルツィやオースミグラスワンが活躍し障害ではあるがマルカラスカルが初のGT勝利を齎してくれた。
そんな中で初年度からグラスワンダー産駒としてそっと見守られ続けた馬がいた。初年度産駒の中でも特に評判が良い訳でも無くデビューした後クラブ馬と言う事もあってコンスタントに走り続けた。
6戦目で初勝利と言う何の変哲も無い馬なのだがグラスワンダーファンを精神的に支え続ける事になる馬が生まれた。
この未勝利戦は優秀でファンの一部(大多数?)に注目されることになった
500万も快勝し朝日杯で産駒初のGT出走もした。クラシックはファンの期待を一身に背負い見事ダービー出走を果たした。一旦は条件馬の身になったものの徐々に力を付け再びOP入り。一度手が届かないように思えた相手に追い付き時に勝つ成長力。今思うとグラスワンダーの晩年惨敗が続いた引退の年。ひょっとしたらあのプラス体重の何割かは成長分だったのかもしれないと思う時がある。そんな妄想も個人的にはさせて貰った。
とにかく丈夫だったが故障もした。屈腱炎だったがカネヒキリと同じ治療方法を採用したことがデビュー時を考えると、クラブとしても期待されてるんだと思われて凄く嬉しかった。
結局重賞には縁が無かった。それでも中京記念(G3)やオールカマー(G2)で見せた走りは本当に格好良かった。グラスワンダー産駒全体としてもこの2レースは理想的でグラスワンダー産駒を凝縮させたような馬だったと思う。



引退後は乗馬になれるらしい。
よかった。

posted by 一火 at 00:35| Comment(8) | TrackBack(0) | こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。